INTERVIEW2018.04.06

京都歴史舞台

やりたいことが全部詰まってる、それが舞妓どした。― 佳つ春 すがお~22人の舞ことば~ #21

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

̶̶ 舞妓さんになった理由を教えてください。

うちは歌舞伎が好きやったんどす。 そこから、古典芸能に興味を持つようになりました。 それで、古典芸能に携われるような仕事がしたいと思うたんどす。 他にも、地毛で日本髪を結うてみたいとか、したいことがたくさんあったんどすけど、それが全部詰まっていたのが舞妓さんやったんどすよ。


̶̶ 佳つ春さんは、1月にお店出しをされたばかりだそうですね。

そうどす。 出身は埼玉県なんどすけど、去年の1月に京都に来ました。 最初は何も分からない所にポンって置かれたような状態で、オタオタしてしもうてたんどすけど、最近やっと慣れてきたように思います。


̶̶ お稽古には慣れてきましたか?

うちは、今日初めてお茶のお稽古をさせてもろうたんどす。 今までは舞のお稽古だけやったんどすけど、お稽古を一日終えると「疲れたぁ」ってへたりこんでしまいます。 これからお三味線も習わしてもらうんどすけど、自分でも体力がないなあと不安に感じてます。


̶̶ 佳つ春さんがほっと一息ついて、「すがお」でいられるのはどんな時ですか?

月に2日休みをもろうております。 映画見たりとか、みんなで歌舞伎を観に行ったりもします。 お稽古のあと、置屋さんに戻ったあとは自由な時間もあるんどすけど、眠くなってしもうて、すぐに寝てしまいますね。 次の日も朝はようから稽古をさせてもらうので……。


̶̶ 都をどりに対する意気込みを教えてください。

都をどりはうちも去年初めて観させてもろうたんどすけど、井上流の舞はみんなの舞が揃う瞬間がすごいカッコいいんどすね。 うちもあの舞台に立てると思ったらすごい感激なんどす。 うちがそこに追いつけるか、まだ不安で仕方ないんどすけどね。 お姉さん方の足をひっぱらないように毎日真剣にやらしてもらいます。


̶̶ 今後、どのような舞妓さんになっていきたいですか?

舞妓さんの仕事は、お客さんとおしゃべりすることだけやのうて、舞やお茶のように、色んな芸事をせなあきまへん。 せやから、お客さんを笑顔にできて、芸事が上手な舞妓さんになりたいなと思います。

 

 


> Please tell us the reason why you would like to be “MAIKO”.

I like Japanese traditional performing such as “KABUKI” since I was a kid. I wanted to work in a job related to them. Also I had many things I wanted to try such as MAIKO hairstyle by my own hair. I became MAIKO to make these dreams come true.


> You just made a debut as MAIKO in January this year. How do you like it so far?

I came to Kyoto from my hometown for MAIKO training last year. I am originally from Saitama, near Tokyo. At first I had a butterfly in my stomach, but I gradually get use to traditions of GION.


> Have you gotten used to the MAIKO training yet?

I think I’m getting used to it. Today I took my first lesson of the way of tea. I have already took lessons of MAI dance too. I am actually worried about my physical strength, because I always get tired out after my lessons and I will take other lessons such as Shamisen (Japanese instrument) in future.


> When do you feel relaxed?

I have days off twice a month. I often go watch movies or “KABUKI” with other MAIKO. Although there is some free time after my MAIKO training, I am always so tired that I fall asleep early. Then I wake up early again for lessons next morning.


> Please tell us your enthusiasm for “MIYAKO-ODORI”.

Last year I watched MAIKO-ODORI for the first time. In Inoue-ryu, all MAIKO perform MAI dance in perfect harmony. It is so cool. I am very excited to perform at the same stage as other MAIKO, but actually I am so nervous. I try to do my best.


> How do you want to be as MAIKO?

We MAIKO have not only to talk with our guests but also to perform MAI and OCHA. I would like to be “MAIKO” who can make my guests happy and perform MAI dance well.

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?