EXTRA2020.11.23

Web HOP展 2020 ― 美術工芸領域|油画、版画

edited by
  • 京都芸術大学大学院 芸術研究科

 

新井 碧

Arai Midori

 

  • silhouette
    絵画
    アクリル絵具、油絵具、キャンバス 380×455mm
  • silhouette
    絵画
    アクリル絵具、油絵具、キャンバス 1167×910mm
  • silhouette
    絵画
    アクリル絵具、油絵具、キャンバス 1303×970mm
  • silhouette
    絵画
    アクリル絵具、油絵具、キャンバス 727×606mm

 

言語では捉え切れない、手のひらから零れ落ちていくような様々なものごとの印象ごと、包み込むように色彩で閉じ込めていく。
輪郭を辿る、かたちを捉え刻んでいくという行為は、“痕跡を残す”という根源的な祈りの動作と似ている。

 

 

 

 

大澤 巴瑠

Osawa Haru

 

  • girl
    絵画
    アクリル、キャンバス、麻 1455×894mm
  • rice ball
    絵画
    アクリル、パネル、麻 1450×1450mm
  • creepy
    絵画
    アクリル、パネル、麻 721×1167mm
  • (笑)
    絵画
    アクリル、パネル、麻 606×910mm

 

コピー機を経由して身体性を表現

 

 

 

 

金 旼炡

Kim Minjeong

 

  • 真似事(蝸牛)
    絵画
    キャンバス、油絵具 651×530mm
  • 真似事(桃)
    絵画
    キャンバス、油絵具 651×530mm
  • 私生活
    立体
    生活品、ゴミ 1800×1400mm

 

作品:真似事(蝸牛) ・ 真似事(桃)
子供たちは何でもすぐ真似る。 それは本能であり、常識と不可能を考えない純粋さがあるためだ。それで子どもたちは無限の可能性の中で何でもできる自由を得て、世界を絶えず観察しながら成長していく。


作品:私生活
人の持ち物は個人の嗜好と習慣、ひいては現在所属している社会の一面を現す。 一見重要ではなさそうな小さな事物でさえ一つ二つが集まったら誰かを包む生活の痕跡になる。

 

 

 

 

曾 莫言

Zeng Moyan

 

  • MOTH(1)
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 400x400mm
  • MOTH(2)
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 400x400mm
  • DINNER
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 400x300mm
  • DESERVE
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm
  • THIRD EYE
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm
  • RUINED APPLE
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm
  • RUINED PEACH
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm
  • BABY(1)
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm
  • BABY(2)
    絵画
    デジタル、水彩、油絵具 300x300mm

 

この楽園の中で滋養分を、或いは屈強な情人を求めることがありますか?
奇形の愛に誘惑されたあなたはドンファンのように茨道を切り開く、水草に絡まれた汨羅の鬼のように濁った池に踠く。
ほら!真っ白な小舟が苔の生えたこの座敷牢に来た、あなたを救うの為に来た。
彼女は星を踏み、月光を纏う愛の神、だけど嘘だらけの娼婦かも知れない。絲白な真珠の耳飾りは死んだ魚の目玉、重なり合ったレースは蜘蛛の網。
そしてあなたは命を懸けて、この楽園の中に閉じ込められた獲物だ。

――「楽園」シリーズについて

 

 

 

 

髙戸 蒼月花

Takado Tsukika

 

  • ドローイング
    絵画
    油絵具、キャンバス 605×725 mm
  • チョウチンアンコウのドローイング
    絵画
    油絵具、キャンバス 380×455 mm
  • ドローイング
    絵画
    油絵具、キャンバス 970×1460 mm

 

例えば、いつのまにかいなくなっていたおもちゃ達、好きな図鑑の動物や虫のポーズ、小説を読んだ時に思い浮かべた図像。
発掘するみたいに無意識に筆を動かしたりドローイングしたりする中で、見えなくなっていたり忘れていた大切なものを再発見して、絵を使って自分を補完しています。

 

▶︎ 作家ホームページ(外部サイト)

 

 

 

 

服部 一輝

Hattori Kazuki

 

  • green army man_01
    絵画
    油彩、キャンバス 530×455mm
  • green army man_02
    絵画
    油彩、キャンバス 530×455mm
  • green army man_03
    絵画
    油彩、キャンバス 530×455mm
  • ひとつのモノに
    絵画
    油彩、キャンバス 1620×1303mm

 

描く物や人、対象がはっきりと存在しているが描く対象を選び出す際はかなり衝動的な部分が多い。最初はえも言われぬ心に任せ無意識にモチーフの選択を行うがやはりそれは私自身が魅力的だと感じ選択した物であるのは間違いない。ナンバリングを重ねていくことはその魅力たる部分の認識を明瞭化する作業であり同じモチーフを何枚も描き重ねることは霧が晴れていく様に似ており描き進める行為とは瞑想のようだと感じる。

 

 

 

 

デービス フレデリック

Frederick Davies

 

  • Sodium Triptych
    絵画
    油絵具、ジェッソ、キャンバス 1620×3360mm
  • Sodium Triptych
    絵画
    油絵具、ジェッソ、キャンバス 
    1620×3360mm
  • Sodium Triptych
    絵画
    油絵具、ジェッソ、キャンバス 
    1620×3360mm

 

夜になるにつれ、街並みは抽象的になる。私は具体的な形が消えていく瞬間を描いている。多くの国では、 ナトリウム街灯は徐々に効率の良いデザインに変わりつつある。この街灯の雰囲気を忘れないように、街灯の光を絵の中に取り入れている。

 

 

 

 

原田 匠悟

Harada Shogo

 

  • Live Forever
    絵画
    油絵具、麻布、キャンバス 
    1620×1300mm
  • There we were
    絵画
    油絵具、綿布、キャンバス 727×606mm
  • Parklife
    絵画
    アクリル絵具、油絵具、綿布、麻布、キャンバス 1182×1440mm

 

目の前の風景を、私はそれに干渉しないように、その世界から距離を取るようにしてよく眺めていた。私の絵はそのような視点が元になっている。

 

 

 

 

御村 紗也

Mimura Saya

 

  • whisper
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper」(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper」(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper」(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper」(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm
  • whisper(部分)
    絵画
    アクリル絵具、ミクストテクニック、パネル 970×1620×35mm

 

生活する中で、意識の外にある些細な現象を拾うような行為として制作をする。表面の肌理や色彩の選択は、泡沫の香りのように触れられぬ存在を手に取れる形にするという意識に基づいている。

 

 

 

 

山田 康平

Yamada Kohei

 

  • Untitled
    絵画
    油絵具、キャンバス 1455×1120×30mm
  • Untitled
    絵画
    油絵具、キャンバス 2273×1818×30mm
  • Untitled
    絵画
    油絵具、キャンバス 1000×803×25mm

 

私は絵を描く時に、オイルを画面にたっぷりと垂らしてから筆を動かし始める。そうすることで、画面の中ではノイズを保ちながら、絵の具が滲み、垂れ、混ざることで様々な記憶、記号が湧き上がってくる。四角い画面の中で絵にするために、形になるものとならないものの行き来を画面の中で行っている。

 

 

 

 

劉 慧君

Liu Huijun

 

  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 「静かな夜」ための試作
    版画
    油性インク、画用紙 186×273mm
  • 静かな夜
    版画
    油性インク、版画用紙 700×700mm
  • 静かな夜
    版画
    油性インク、版画用紙 700×700mm

 

誰もいない寂しい帰り道、
暗い水に沈むような感覚に陥った。
静かに潜った。
その瞬間の気持ちをコラグラフで表現した。

 

 

 

 

王 炫琦

Wang Xaunqi

 

  • 溺れる
    版画
    油性インク、和紙 182×253mm
  • 渦巻き
    版画
    油性インク、和紙 182×253mm
  • 水没
    版画
    油性インク、和紙 182×253mm
  • 目の呼吸
    版画
    油性インク、和紙 182×253mm
  • カマキリ
    版画
    油性インク、和紙 200×280mm

  • 版画
    油性インク、和紙 280×200mm
  • カブトムシ
    版画
    油性インク、和紙 200×280mm

 

作品:溺れる ・ 渦巻き・ 水没・ 目の呼吸
私たちの人生は短いか長いかどうか自分でわからない、時間が水のような人生の川に流れ込む。川は時々平静で、時々激しく波立つ。波の中に立って人、もうすぐ沈んでいく人、水の渦巻きに巻き込まれる人、涙がひっきりなしに流れてくる人。これは平凡な人生の苦しみを表現することである。


作品:カマキリ・ ・ カブトムシ
夏、一年中虫が一番多い季節に、ドアの隣、窓の外、道端、どこでも虫に出会える。蝶や蛾、カブトムシなどのかわいくて綺麗やつに出会うと、けっこう嬉しい。止まって、ちゃんと観察して、女の子とそれらのかわいくて小さなやつ話しているように、静かな場面を表す。また、女の子がよく虫苦手とか肝っ玉が小さいと思われるということ。私はこの性別差異に関する印象を変わりたい。

 

 

 

 

▶︎ WEB HOP 2020 TOP

 

▶︎ 文化創生領域

▶︎ 芸術文化領域

▶︎ 美術工芸領域 彫刻・立体造形、陶芸、染織、映像・メディア

▶︎ 美術工芸領域 日本画

● 美術工芸領域 油画

▶︎ デザイン領域 イラスト、アニメ、マンガ、絵本、キャラクターデザイン、ゲーム

▶︎ デザイン領域 グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、情報デザイン

▶︎ 環境デザイン領域

 

▶︎ WEB HOP 2020 TOP

 

本サイト内に掲載されている全てのコンテンツ(作品画像、テキスト、プログラムなど)に関する著作権およびその他の権利は、すべて本学、作者、及び本学に情報を提供している提供者に帰属します。著作権者の許可なく改変、複製、賃貸、貸与、販売、出版、送信、放送など、方法の如何を問わず第三者の利用に供することを固く禁じます。

 

  • 京都芸術大学大学院 芸術研究科Kyoto University of the Arts Graduate School

    新たな社会の創造・成長を牽引していくリーダーを世界へ輩出する。

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?