REPORT2019.02.07

プロデュース

魅力を伝えるプロデュース―春の風物詩「長浜盆梅展」

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

滋賀県長浜市では、2019年1月10日(木)から3月10日(日)まで、第68回「長浜盆梅展」が開催されています。「盆梅」とは「梅の盆栽」のことで、昭和27年から開催されている本展は、その歴史と規模ともに「日本一の盆梅展」であり、関西の新春の風物詩として親しまれています。

京都造形芸術大学では、産学公連携プロジェクトの一環として、空間演出デザイン学科と美術工芸学科の5名の学生が本展の展示空間プロデュースを手掛けました。長浜観光協会より、歴史ある盆梅展に「新しい風を送り込みたい」という依頼を受けたことで、本プロジェクトが発足。

左から)空間演出デザイン学科4年生 涌田千尋さん、同学科2年生 園田菜々子さん、同学科3年生 滝口茉由子さん、美術工芸学科4年生 米村優人さん

会場となるのは、滋賀県長浜市にある慶雲館。明治20年、明治天皇による京都行幸に際し、長浜での休憩所として建てられた歴史的建造物です。当時の総理大臣 伊藤博文が命名したと伝わります。会場は本館と新館に分かれ、学生は新館の展示空間プロデュースを任されました。学生が新館の展示演出を担当するのは初めてのこと。

2018年5月からリサーチのため学生は何度も現地を訪れ、「盆梅とは何か」「新しい風とは何か」について話し合いを重ねました9月にはそれまでの成果発表として、長浜観光協会のみなさんに、新館の演出プランをプレゼンテーション。学生の提案は見事採用され、昨年末にそのプランをもとに本展の設営が行われました。

昨年9月に実施されたプレゼンテーションの様子
プレゼンではトートバッグなど関連グッズも提案

そして、一般公開を目前に控えた2019年1月9日には、関係者とメディア関係者に向けての内覧会を実施。多くのメディアで取り上げられ、話題となりました。

メディア関係者に向けて、学生が展示空間・カフェスペースのプロデュース内容を説明

今回学生がプロデュースする空間演出のポイントは、盆梅の美しさを際立たせる展示の工夫と、どなたでもゆっくり鑑賞できるスペースの確保。そして、鑑賞の感動をそのままに休憩ができる2階のカフェスペースです。

まず1階の展示空間では、それぞれの盆梅の後ろに木綿のバックシートを取り付け、その美しさを際立たせる工夫を施しました。

盆梅の特徴に合わせた木綿バックシートを取り付け

また、照明の角度や使用する布の色など、細部までこだわったことにより、バックシートに写る盆梅の陰影までを楽しんでいただけます。

照明に照らされて、美しく浮かび上がる盆梅の陰影

さらに作品の配置にもこだわりが見られます。ベビーカーや車いすを利用される方もゆっくりと鑑賞できるように十分なスペース確保するなど、全ての来場者の方を意識した配置を試行錯誤。この空間は「盆梅の森」と名付けられました。

立ち止まり、じっくり鑑賞できるよう配置を工夫。

心行くまで盆梅を楽しんでいただいた後は、ゆっくり盆梅展の話に花を咲かすことができる2階のカフェスペースへ。

のれんやカウンターのデザインを学生が担当した、これまでとは一味ちがうカフェ。学生の提案で、ジュースなどの子ども向けメニューの販売も決まり、子どもから大人まで幅広い世代の方に利用いただける空間が完成しました。

「家族みんなで本展に訪れてほしい」という願いを込めて、子ども向けメニューを提案
カフェスペースでは、学生考案のグッズを販売しているほか、本プロジェクト関連資料も公開
”SNS映え”をねらった被り物も設置

本プロジェクトのリーダーを務めた、空間演出デザイン学科4年生の涌田千尋さんは、「本館は歴史的建造物で、趣のある展示演出をされています。対比を楽しんでいただけるように、新館は新しさを取り入れたフレッシュな内容にしました。これまで自分の作品や商品など、モノを扱う展示経験はあったけれど、長い時間をかけ人の手で大切に育てられた、盆梅のような「生き物」の展示は初めて。新鮮さがあると同時に、責任感を感じました。」と話します。

また、本プロジェクトを担当していただいた、長浜観光協会の梅園いつ子さんは、「2年前から考えていた京都造形芸術大学との連携。今回プロジェクトが発足し、学生の柔軟な発想と提案で予想以上の仕上がりになりました。我々だけでは思い浮かばない、素晴らしい内容です。」と講評いただきました。

本展は3月10日(日)まで開催。是非お越しください。

「長浜盆梅展」

会期中無休。2月2日(土)~3月3日(日)の土日祝は夜間ライトアップを実施。(午後8時まで入館可能)

会期 2019年1月10日(木)~3月10日(日)
時間 午前9時~午後5時(入館は16時半まで)
会場 慶雲館(〒526-0067 滋賀県長浜市港町2-5)
入館料 大人500円/小・中学生200円
問合せ 公益社団法人長浜観光協会TEL 0749-65-6521

http://bonbai.jp/

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?