REPORT2018.10.24

歴史

粟田祭に色鮮やかな「大燈呂」が登場! ―粟田大燈呂プロジェクト

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

10月6日(土)から10月15日(月)まで開催された粟田祭(粟田神社:京都市東山区)の行事の一つで、「御神輿・剣鉾・大燈呂」が巡行する『夜渡り神事(10/7(日)実施)』にて、京都造形芸術大学の学生が制作した4基の大燈呂が巡行しました。

大燈呂とは、今日の「ねぶた」の原型とも言われているもので、1567年(永禄10年)に行われた『夜渡り神事』の記録に記載されているほど歴史が深いもの。しかし、この大燈呂は長らく制作されることなく、歴史の一つとなっていました。

この「粟田大燈呂プロジェクト」は、2008年に本学の学生が180年ぶりにこの『夜渡り神事』の大燈呂をアートの力で復活させたことに始まり、今年で11年目を迎えました。

2018年度の本プロジェクトに参加した学生は、4月のプロジェクト発足後すぐ、粟田神社や周辺地域の歴史や文化の調査を開始。「日本人の感性とは何か」「モノづくりとはどういうことなのか」を考察した上で、制作にあたってのアイデア出しを行い、粟田祭実行委員の皆さんへのプレゼンテーションを経て4基の大燈呂を制作しました。そして10月7日(日)、本プロジェクトの集大成でもある『夜渡り神事』の巡行に参加しました。

今年度のプロジェクトでは制作だけでなく、「地域の方に大燈呂をもっと身近に感じてもらい、地域に根付かせるためにはどうすればよいか」という新たな課題を持ち、地域の方と一緒に大燈呂を制作するワークショップを開催するなど、地域活性化につながるイベントを実施し、地域の方との交流を深めました。

2018年度の「粟田大燈呂プロジェクト」。約半年にわたる活動の様子を紹介します。

プロジェクト始動後すぐにフィールドワークを実施。地元の方のガイドのもと、学生が粟田神社と地域一体を調査。祭りの成り立ちや歴史を学ぶ。
2017年度に制作した大燈呂を見学。昨年参加メンバーが解説をする。
フィールドワークをもとに、アイデアを出していく学生。
6月には、クライアントの粟田祭実行委員会の方々をお招きし、プレゼンテーションを実施。
プレゼンテーション終了後はすぐに模型づくりを開始。模型をもとに、大燈呂を制作。
夏に開催された「白川こども祭り」にて、粟田祭で飾る「ちょうちん作りワークショップ」を開催。
たくさんの子どもたちがワークショップに参加。地域の方とのふれあいを深める。
粟田祭当日。「夜渡り神事」の前には、安全を祈願して粟田神社の宮司による清祓が行われた。
「夜渡り神事」巡行の様子。
大燈呂は明るい昼間でも大迫力。
夜になるとひかりが灯り、存在感が増す大燈呂。今年は牛頭天王、猪、大国主、恵比寿、4基を制作。
10月末に制作した大燈呂の解体が行われ、それをもって今年度の「粟田大燈呂プロジェクト」は終わりを迎える。

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?