REPORT2022.04.13

#春から京都芸術大学 #RPG in 京都芸術大学 ― 学生会主催・新入生歓迎企画

edited by
  • 京都芸術大学 広報課

大学生活を共に過ごす仲間を見つけよう!新入生歓迎会

『少年少女諸君!我々は学生会の者である!』『緊急クエスト!参加者求ム!』
どこかゲームの雰囲気を感じさせるメッセージが、3月末に新入生のSNS上に広がりました。これは学生会からこの春に迎え入れる新入生に向けて届けられた、新入生歓迎会の参集メッセージです。“ネット上だけではなく、リアルでの友達を作ろう!”というテーマをもとに、今年度はRPG(Real Playmate Game)の世界観で新入生歓迎会を企画しました。

みんな大好き、あのゲーム機!
マップまでゲーム風のこだわり。


学生会は、より良い学園生活の実現を目指して活動する、学生による、学生のための組織。1年生から4年生で成る代議員総会を2ヶ月に1回程度で開き、学生の生の声を拾いながら、学年・学科・コースを越えた交流や活動を図るために企画を実施・運営しています。

新入生歓迎会は2022年4月8日に2部制で開催され、両時間ともに満員御礼と盛況を博しました。初めての大学生活への不安はさまざまですが、やはり一番気になるのはこれから4年間共に学ぶ仲間との出会いではないでしょうか。
実は新入生歓迎会を企画したのは学生会の新・2年生。昨年新入生だった彼らが、入学時の実体験をもとに今回の交流企画を考えました。


新入生はゲームの世界に入り込み、“勇者”となってランダムに“パーティー”(チーム)を結成します。仲間と協力し、いくつかのミニゲームや“クエスト”(試練)に挑戦しコインのゲットを目指します。
ゲームの種類はとっても豊富。以心伝心ゲームや神経衰弱、黒ひげ危機一発に雑学クイズとみんなで楽しめるゲームの数々に、初めて話す仲間とも一気に距離が詰まります。

パーティメンバー全員に共通することをとにかくたくさん見つける共通点ゲーム。
博士と知識対決!瓜生山学園にまつわる雑学クイズを出題。
クエスト成功で思わずガッツポーズ!
絶対盛り上がりますよね、黒ひげ危機一発!
みんなで答え合わせ。
心を一つにして乗り越える以心伝心ゲーム。


今年度の新入生歓迎会の一番の見どころはRPGの世界を表現した会場装飾だと学生会メンバーは話します。ミニゲームの各スペースでは、それぞれのゲームを象徴する壁画が飾られており、まるでゲームの世界に迷い込んだように感じさせます。RPGと言えば多くの人が思い浮かべるキャラクター“スライム”や宝箱といった装飾物もすべて学生会が制作しています。


舞台上に設置された“瓜生山ねぶた”の「伝説のつるぎ」は一際目を引きます。講堂の巨大な空間に負けずと佇む“瓜生山ねぶた”は新入生歓迎会のシンボルにも思えます。このねぶたは春休み中に制作され、学生会メンバーだけではなく有志で集まった学生含め約20名が関わり完成しました。


こうした装飾物の制作過程はSNSで随時投稿したとか。「これから始まる京都芸術大学での学生生活への期待感も膨らむかなって。ウルトラファクトリーや工房での制作している様子を共有することで、この大学では“作ろう”と思えばどんなものでも作れることを知ってもらえるかなと考えました」と話します。


司会進行を務めたのは、なんと“女王様”。“勇者”である新入生たちに向かってゲームの説明をする女王様は本当にゲームの中のキャラクターのようでした。
「それでは、勇者たちよ、そなたたちはこれから4年間の冒険に出る。さらにたくさんの仲間と出会い、たくさんの経験をし、充実した大学生活を過ごしていってくれ」。そんな女王様からの力強いメッセージで会は締めくくられました。


閉会後にはあちらこちらで記念写真を撮影する人、連絡先を交換する人、先輩に話しかける人…学科・コースを越えた貴重な出会いに自然と交流が生まれていました。開会前と後では新入生の表情もぐっと明るくなった様子。新入生の笑顔を見ることができ、学生会のみなさんもほっとした様子でした。

最後にみんなではい!チーズ!

 

『何もいらない、けど何か得られる』コース別相談会・一人暮らし相談会

2022年4月6日には、人間館1階ラウンジと4階に相談ブースが設けられ、コース別相談会と一人暮らし相談会が開催されました。『何もいらない、けど何か得られる』をキーワードに、新入生は心も身体も身軽に参加でき、先輩はとにかく新入生の不安に応える、そんな相談会です。

優しい先輩が待っています!


履修登録や授業内容、課題などの学業に関する話や、おすすめの教材、アルバイトやサークル、自炊についての不安など、新入生の相談内容はさまざまです。同じコースで学ぶ先輩だからこそ相談できる、また先輩からもアドバイスできることも多く、相談を通して先輩後輩の繋がりが生まれたようです。
相談会で先輩と実際にお話した1年生のほとんどが不安を解消して帰っていきました。

一対一で丁寧に相談に乗ってくれます。
相談だけでなく談笑する姿も見受けられました。
こちらは授業で使う機材の紹介でしょうか?


「新入生の不安を解消してあげたい」「新入生の笑顔が見たい」。そんな気持ちで企画された学生会の数々の企画。新入生をあたたかく迎え入れる先輩たちの存在を感じて、新入生も心強く思ったのではないでしょうか。
学生会のみなさんは「困ったことがあれば、今日だけに限らず気軽に声をかけて相談してほしい。一緒に充実した大学生活を送りましょう」と話します。新入生のみなさん、頼もしい先輩と一緒に最高のスタートを切ってくださいね!

  • 京都芸術大学 広報課Office of Public Relations, Kyoto University of the Arts

    所在地: 京都芸術大学 瓜生山キャンパス
    連絡先: 075-791-9112
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?