NEWS2019.04.26

映像

30秒の積み重ね1本の映画にー北白川派第7弾『のさりの島』天草での舞台裏紹介

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

京都造形芸術大学映画学科が、プロの映画製作スタッフと学生の混成チームで劇場公開映画を製作する【北白川派】プロジェクト。
北白川派プロジェクトではこれまで『カミハテ商店』『正しく生きる』『嵐電』(2019年5月公開)など、6本の劇場公開映画を製作してまいりました。

第6弾の『嵐電』は、いよいよ公開です。よろしくお願いいたします。

前回の記事https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/487でお伝えしましたとおり、北白川派第7弾の映画『のさりの島』の製作に向けて、2019年2月24日より熊本県天草市で全編ロケを行いました。

本日は、そのロケの様子をお届けいたします。

天草市内各所での毎日の撮影は、「制作部」の事前準備から始まります。
毎朝なんと5時起きで、メイクや衣装の準備に入る俳優への朝食の提供や当日の撮影スケジュールの確認など(その日の急な天候の変化によっても、撮影スケジュールは変わります)、さまざまな仕事が早朝からスタートします。

そして、撮影現場に「照明部」が入ります。直後に現場入りする「美術部」とともに、撮影場所の入念な準備を行います。

撮影現場で、照明の位置をセットし、美術部の配置する各種道具との関係性を見ながら連携を取り合って調整します。

その間に、「制作部」は撮影現場のご近所の皆様への挨拶まわり。こうしたご近所の皆様に、事前に丁寧にご挨拶、ご協力をお願いすることが、撮影を支える大切な仕事になります。

そこに、「撮影部」「録音部」「演出部」が順次現場入りすると、現場の熱量が上がっていきます。

そうして、いよいよ「俳優部」が「メイク部」「衣装部」と一緒に現場入り。

いよいよテストが始まります。


照明、録音、美術、演出、俳優各部門が、これから撮影するワンシーンの流れを確認します。

テストの一連の流れを見て、俳優が役に入りやすい環境を整えるため、引き出しの中身の入れ替えなどもこの間に行います。(チラシが封筒に入っているほうが自然か、ファイルに入っているほうが自然かなど、話をしながら細かな調整を行います)

そして、いよいよ本番。

「本番!」
という声が現場に飛び交うと、一気に緊張感に包まれます。

10秒から30秒ほどの1シーン撮影の準備にかける時間は、1時間以上。 

こうした準備の先にある30秒のシーンの積み重ねが、皆さんにお届けする1本の映画となっていきます。

本日の撮影スケジュールは終了!撮影終了時刻は22時。そこから各部門は撤収作業に入ります。(スタッフの入浴する近くの浴場は、22時30分までのため、お風呂に入れないシャワーだけの日もたくさんあります)

映画の現場は本当に体力を使います。

それでもプロのスタッフは慣れたものですが、映画製作の現場初体験の学生たち(1、2年生がほとんどです)は、現場に漂う緊張感の中、必死に仕事についていこうと常に集中しているため、身体の疲労以上に脳の疲労が先にきているのかもしれません。

そうした中で、本当にありがたいことに、毎日天草の皆さんが現場や宿舎である農事センターに差し入れをしてくださっています。

スタッフの宿舎には、差し入れをしてくださった皆さんのお名前がこんなにびっしりと貼られています。

こうしてご支援いただく皆さんの支えの中で、この映画は作られています。その感謝の気持ちを忘れず、今日も撮影がんばっています!!

クランクアップまで、残りわずかとなりました。

天草の皆さんと共に「天草発世界行き」の映画を撮影してまいります。公開まで、また製作途中の模様を皆さんにお伝えしたいと思います。

この映画『のさりの島』では、こうした一連の取り組みを国内や世界の舞台に向けて発信する活動の強化に向けて、MAKUAKEにてクラウドファンディングを実施させていただいています。

【クラウドファンディング関連ページはこちら】(https://www.makuake.com/project/kitashirakawaha/

おかげさまで、すでに目標金額に到達しており、ご支援いただいた皆様に本当に感謝いたします。

さらに、発信や活動の強化に向けて、ご支援いただければ幸いです。

今回の活動にご支援くださいました皆様には、ぜひとも一緒に映画を作る仲間として、映画の公開まで歩みをともにさせていただきたいと思います。

ご支援いただいた皆様には撮影終了後の5月から、短編の映像を「限定公開」させていただきます。映画の進捗や撮影の様子などを、映画の公開まで毎月お届けできればと思います。

よろしくお願いいたします。

■映画『のさりの島』のストーリー

群れから離れるように一人「オレオレ詐欺」の旅を続ける若い男。都会から遠く離れた熊本の天草で、彼の電話に一人の老女が出た。受け子として金を受け取りに行った男を、老女は「孫」と思い込み、そのまま奇妙な同居生活が始まる。そこでの時間は、これまで彼が経験したことのない「自分の人生から抜け落ちていた」穏やかな時間だった……古びた街の映画館で「昔の8ミリ上映会」を企画する若者グループとの関わりなども絡みながら、彼の嘘は、いつしか本当へと変わってゆく。

・撮影  2019年2月~3月
・発信  2019年冬〜 国際映画祭へ
・公開  2020年夏全国公開を予定

■京都造形芸術大学北白川派プロジェクト
 映画『のさりの島』
 製作      株式会社北白川派
 製作協力    天草市
         京都造形芸術大学
 プロデューサー 小山薫堂(京都造形芸術大学副学長)
 脚本・監督   山本起也(京都造形芸術大学映画学科長)
 出演      藤原季節
         原知佐子
         杉原亜実(京都造形芸術大学映画学科俳優コース)
         柄本明   ほか

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?