REPORT2021.12.15

マンガ・アニメプロデュース

アニメの世界観を活かしたコラボカフェ&特別企画展 ― GONZO × 京都芸術大学

edited by
  • 京都芸術大学 広報課

海外市場への展開も豊富なアニメーションスタジオ 株式会社ゴンゾ(以下、GONZO)との産学連携にて、「キャラクターデザイナー×プロダクションデザイナー×声優の特別講義」、アニメ・ラストエグザイルシリーズ*からなる「コラボカフェ&特別企画展」を実施。アニメの世界観を活かした「コラボカフェ&特別企画展」では、TwitterなどのSNSで大きな反響を得るなど、大盛況のイベントとなりました。

ラストエグザイルシリーズ:アニメ『LASTEXILE』、『ラストエグザイル -銀翼のファム-』
 LASTEXILE:http://www.gonzo.co.jp/works/lastexile/
 ラストエグザイル -銀翼のファム-:http://www.lastexile-fam.com/

 

GONZOライツ部長 星野さんによる産学公連携プロジェクト説明会

2021年6月、GONZO ライツ部長の星野禎さんにお越しいただき、普段は聞くことのできないアニメ業界の実務、事業プロデュースの裏側などをユーモアを交えてお話しいただきました。参加学生からは「アニメーションの制作過程など生のお話を聞くことができ、とても貴重な時間だった」、「多くの人が関わり、いろんな工夫を考え、アニメーションやイベント等ができあがっていることが分かり、よりアニメへの関心が高まった」など感動の声が。

この説明会をきっかけにGONZOとの連携プロジェクトをスタートすることに!とはいえ、この段階では何をどうするのかが全く決まっておらず、アニメの素材を使って何か価値のあることをやってみたいね、という状況でした。

そんな段階からGONZOとの連携でこんな企画をしたい!という学生を公募。美術工芸学科、マンガ学科、キャラクターデザイン学科、舞台芸術学科からそれぞれの専門性をもった8人の学生が集まりました。学生メンバーからのアイデアもあり、次の「キャラクターデザイナー×プロダクションデザイナー×声優の特別講義」、「コラボカフェ&特別企画展」の企画が進められることに。

GONZO 星野さんによる説明会
こんな企画をしたい!という学生を公募

 

ラストエグザイルシリーズの制作に関わった、村田蓮爾さん(キャラクターデザイナー)×小林誠さん(プロダクションデザイナー)×野田順子さん(声優)による特別講義

2021年9月、ラストエグザイルシリーズのキャラクター原案をご担当された村田蓮爾さん、プロダクションデザインをご担当された小林誠さん、主要キャラクターのディーオ役をご担当された野田順子さん(本学客員教授)による特別講義が行われました。お三方ともアニメーション業界の第一線でご活躍中です。

小林さんからのお誘いで、株式会社フライングドッグの尾留川宏之さんも飛び入りでご参加。GONZOとしても、こういったデザイナーと声優とを交えた講義は初めてだったようで、GONZOの社内でも好評だったとのこと。

学生メンバーからの発案があった、こちらの特別講義。コロナ禍による緊急事態宣言のなかでも実施する価値があると考え、対面とオンラインのハイブリッド形式での実施にこぎつけました。仕事に対する考え方や姿勢、アドバイスなど、メモを取りながら学生一人ひとり、それぞれが感じ取っていた様子。通常聞くことのできないラストエグザイルシリーズの秘話に喜び、業界のプロの方々の苦労や乗り越えてきた話はとても刺激的でした。小林さんには、「学生のために」と直筆の絵素材をご提供いただき、プロの絵を直に感じ取れる貴重な体験をさせていただきました。


対面とオンラインのハイブリッド形式
プロの方々のお話はどれも刺激的
小林さんからご提供いただいた直筆の絵素材

 

 

コラボカフェ&特別企画展

学生の学びとなるように、アニメーション素材を生かした制作原画の特別企画展を企画。当初は学内に閉じた形での作品展示会を考えていました。しかし、より価値のあるカタチにできないか、社会の課題に対しても何かできないかと議論から、感染症拡大により売り上げに影響が出ている飲食店の活性化を目指し、学外施設であるカフェ・ヴェルディにてコラボカフェと特別企画展を同時に開催することに。感染症対策が難しくボツになった企画もありましたが、飲食店の集客を高めるためのアイデアを出し合い、京都で芸術を学ぶ大学生だからこそ実行できる以下のコンテンツを揃えることができました。


・コラボカフェメニュー

『LASTEXILE』、『ラストエグザイル –銀翼のファム-』では、象徴的なシーンで飲食物が出てきます。コラボカフェの目玉メニューとして、その飲食物を実現させ、作品に登場する惑星やアイテムを飲食物として具現化することに。こだわりは随所にありますが、一押しは「エグザイルパスタ」!

アニメ本編に出てくる触手をリングイネに見立てました。アニメの製作委員会の方からは「触手がパスタとは意外だった!」、本作のファンからは「愛がある!」とのコメントも。

 

製作委員会やファンからも好意的なコメントをいただいた「エグザイルパスタ」
エグザイルパスタの着想の基となった触手
(ラストエグザイル‐銀翼のファム‐© 2011 GONZO/ファムパートナーズ)
「エグザイルパスタ」を実食
こだわりが随所にあるメニュー

 

・特別企画展

より多くの人に訪れてもらうため、コラボカフェに併設してアニメーションの設定原画などを展示する特別企画展を計画。映える写真が撮影できる等身大パネル、アニメファンの心をくすぐるアニメ制作時の設定原画、アニメを知らない人でも楽しめるアニメやキャラクター紹介の動画を用意するなど、ラストエグザイルシリーズのファンからふらっと立ち寄った方までも楽しめる空間を作り出しました。

GONZOライツ部の丹野英樹さんからは「アニメーションの世界観が空間に活かされており、芸大生だからこそできるコラボカフェ&作品展示会ですね!」と絶賛のコメントをいただきました。

 

時に精密な作業も
パネルに印刷物を貼るのは慎重に
数多くの設定原画
展示方法について教員と議論します
ラストエグザイルシリーズの絵でカフェを彩りました
等身大パネルで映える写真に期待
ヴェスパ(飛行機械)に乗ったかのような写真も

 

・オリジナルグッズ

京都、そして、芸大生らしさをテーマにグッズ制作を検討。コラボカフェには外せないコースターは、学生自らデザインを考え、本学の工房ウルトラファクトリーの設備を活用して制作を行いました。学生メンバーの中にはウルトラファクトリーを使ったことがなかったメンバーもおり、今回のプロジェクトによって自らのスキルも磨いた人も。京都のパステルメーカー王冠化学工業所には、キャラクターを象徴する色のパステルをチョイスする提案にご賛同いただきました。

できあがったオリジナルグッズは「オンラインでも販売してほしい!」とのリクエストも多数寄せられた力作です!

 

コラボカフェには欠かせないコースター
ウルトラファクトリーを活用したグッズ制作
自らのスキルアップにも
販売時のディスプレイにも工夫を込めて
キャラクターを象徴する色のパステルが好評


Twitterでのメニューの告知では300いいね!、一番多いツイートでは70,000を超えるインプレッション、など多くの方にご覧いただきました。関西だけではなく、東京などの遠方からのお客様にも来ていただき、中には急遽仕事を休んで来たというファンの方も。

10月27日から11月8日と短い間でしたが、ラストエグザイルシリーズのファンからカフェ・ヴェルディの常連のお客様にも楽しんでいただき、オリジナルグッズにおいては欠品が出るなど、大盛況なイベントとなりました。

 

学生参加メンバー:
石垣詩さん(美術工芸学科)、上田優衣さん(美術工芸学科)、小川亜芽梨さん(マンガ学科)、奥田美優香さん(マンガ学科)、増井健大さん(キャラクターデザイン学科)、JEON HYORYさん(キャラクターデザイン学科)、稲本大誠さん(舞台芸術学科)、本村玲奈さん(舞台芸術学科)
 

連携先:
株式会社ゴンゾ(http://www.gonzo.co.jp/
 クオリティの高い作品を制作、発信し続けるアニメーションスタジオ。
株式会社ヴェルディ カフェ・ヴェルディ京都芸術大学店(https://www.verdi.jp/
 下鴨に本店を構える、自家焙煎珈琲を提供するカフェ。
王冠化学工業所(http://www.gondola-pastel.com/
 日本最初のソフトパステルメーカー。
 

京都芸術大学の社会実装プロジェクトでは、産学公連携として企業や自治体が抱える課題に取り組み、アートやデザインの力を活かしたアイデアや企画の実現を目指しています。これからも是非、本学の社会実装プロジェクトにご注目ください。
https://www.kyoto-art.ac.jp/kuaproduction/

  • 京都芸術大学 広報課Office of Public Relations, Kyoto University of the Arts

    所在地: 京都芸術大学 瓜生山キャンパス
    連絡先: 075-791-9112
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?