INTERVIEW2020.12.09

本間正人副学長によるYouTubeトークチャンネル「最新学習歴のススメ!」#4~6

edited by
  • 京都芸術大学 広報課

「最新学習歴」を提唱する京都芸術大学の本間正人副学長が、各界で活躍される方々と生涯学習や学び直しをテーマに対談する「最新学習歴のススメ!」チャンネル。

これまで東北芸術工科大学の中山ダイスケ学長、『ビリギャル』の主人公・さやかさんの母「ああちゃん」さん、そして、小山薫堂・本学副学長との対談が収録されましたが、その後も続々と対談の模様が公開されています。

今回は、第4回から第6回までをご紹介します。


第4回:伝統工芸にイノベーションを。職人との出会いで見つけた新たな価値
第5回:経営戦略としての「学び直し」変化し続ける社会で求められる働き方とは
第6回:世界最高峰の美術系大学院 Royal College of Art で学ぶ卒業生

 

第4回のゲストは、本学通信教育部在学生の小島さん(デザイン科 空間演出デザインコース)と杉浦さん(芸術学科 アートライティングコース)です。お二人は京都芸術大学 通信教育部で学びながら、京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)の研究員として活動し、職人の技と素材にフォーカスしたイノベーティブな活動を展開されています。
職人へのインタビューを通じて発見した伝統工芸の可能性とは?京都だからこそ経験することのできる学びの価値について、等身大の姿で語っていただいています。

 

今回のゲストは、サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野慶久さんです。働き方の新しいスタイルを提案し続けるサイボウズ株式会社の代表取締役社長であり、個人としても「最新学習歴」を更新し続けている青野社長。
劇的に変化し続ける社会のなかで社員が「学び直し」をすることの重要性と、サイボウズでどういった取り組みを展開しているのかについてお話を伺っています。

 

今回のゲストは、芸術教養学科卒業生の田中由香子さんです。テレビ局のカメラマンからキャリアをスタートさせた田中さんは、2017年に芸術教養学科をご卒業されました。
芸術教養学科での学びが、現在のRoyal College of Art(RCA)でのリサーチの礎になっていると話す田中さんに、芸術教養学科での本格的な芸術の学びについてお話を伺っています。


いかがでしたか?「最新学習歴」を提唱する京都芸術大学の本間正人副学長が、各界で活躍される方々と生涯学習や学び直しをテーマに対談する「最新学習歴のススメ!」チャンネル。
今後も、さまざまな方との対談を通し、学ぶことの素晴らしさを伝えていきたいと思います。


YouTubeのプレイリストはこちら。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLcIolS4WbBfI4iWyGT40bXiZWIwKkxkcq

 

  • 京都芸術大学 広報課Office of Public Relations, Kyoto University of the Arts

    所在地: 京都芸術大学 瓜生山キャンパス
    連絡先: 075-791-9112
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?