NEWS2019.11.28

アート

梅田のスターバックス新店に作品展示-淀川テクニック!プロジェクト

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

大阪・梅田の中心部に新たに誕生した商業施設「LINKS UMEDA」。その一角に11月27日にオープンした「スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店」には、京都造形芸術大学の学生が制作に携わった作品が展示されています。「梅田みらみらの木」と名付けられた作品の制作者は、淀川の河川敷で集めた漂流物から数々のアート作品を生み出してきた淀川テクニック(本名・柴田英昭)さん。学生たちは河川敷での材料探しから店舗での設営まで関わり、憩いの場にふさわしい作品作りの一端を体感しました。

同店のデザインコンセプトは「SHINRIN-YOKU TREE」。カウンターや机などに大阪産の木材を使用するなど、大阪の自然を積極的に取り入れた独立2階建ての店舗です。コーヒーの香り漂う中、森林浴をしているかのように心からリラックスできる場となるようデザインされています。

木に囲まれた空間で、リラックスしてコーヒーを楽しめる

2階と3階をつなぐ階段の壁に、幅約4m、高さ約3.5mの柴田さんの作品が飾られています。作品名の通り、木をモチーフにしており、大阪府河内長野市から寄せられた間伐材をメイン材料に据え、淀川で拾い集めたボールのほか、大阪の子どもたちが家具を製作した際の端材や木の枝、木の実などを材料に耕作した作品が一つのアートとして展示されています。

テニスボールにバスケットボール…。間伐材を組み合わせた大きな木の周辺には、淀川河川敷で集めた色とりどりのボールや生活用品が飾られている

柴田さんは、2018年度まで京都造形芸術大学の非常勤講師を務められ、本年度は第一線のクリエーターと学生が共同制作する京都造形芸術大学のウルトラプロジェクトに参加いただいています。この「淀川テクニック!プロジェクト」の一環として、学生10人が今回のアート制作に関わらせていただくことになりました。

淀川河川敷で作品の材料となる漂流物を集める学生(courtesy:the artist and yukari art)

柴田さんとともに淀川河口付近の河川敷で作品の材料集めに参加した学生たち。持ち帰った品は、大学内の共通工房「ウルトラファクトリー」で漂流物の面影を残しつつも念入りに洗浄しました。その後、工房内に敷いたシートの上で仮組し、間伐材を幾重にも用いた一つの大きな木の周辺に色とりどりのボールや生活用品などを配置して、完成イメージを膨らませていきました。

集めたパーツを大学内で丁寧に洗浄する(courtesy:the artist and yukari art)
ウルトラファクトリーで作品の構成案が練られた(courtesy:the artist and yukari art)
どの種類のボールをどこに配置するかなどを仮組しながら決めた(courtesy:the artist and yukari art)

実店舗での設営期間は約1週間。階段スペースに足場を組み、設計図とにらめっこしたり柴田さんからアドバイスを受けたりしながら、一つずつ取り付けていきました。漂流物以外の材料として、柴田さんとスターバックスのバリスタや大阪の子どもたちが家具を製作する際の端材や木の実などを使ってさまざまな森の生き物を表現した作品も使用。柴田さんがライターやルアーなどで仕上げた2羽の鳥も添えられ、「スターバックスの森」にふさわしい空間に変貌するとともに、「持続可能な自然環境を考えるきっかけになれば」との思いも込められました。

柴田さんから念入りにレクチャーを受ける学生
第一線のクリエーターの感性を肌で感じることができるのも、ウルトラプロジェクトの特徴の一つ
河川敷で大量に見つかるというライター
今回の作品には欠かせないボールも河川敷では数多く見つかるという
トサカはバドミントンのラケット、くちばしはルアーと、限られた材料から最良のものを選択する
柴田さんの経験と感性で漂流物から鳥が生み出される
子どもたちとのワークショップで作られた端材作品も「梅田みらみらの木」を彩った
端材と漂流物が混合した作品には、地域の自然環境を考えるきっかけにしてほしいとの思いが込められた

外観も緑に覆われ、高層ビル群の中でもひときわ目も引く同店。梅田にお越しの際は、大阪の木材と淀川の人工物との調和を感じられる芸術作品を、ぜひご覧ください。

店舗での設営に臨んだ柴田さんと学生

スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店

大阪・梅田の真ん中にスターバックスの想いを込めた“スターバックスの森”が誕生。店内の家具や内装には大阪産の栗の木やおおさか河内材をふんだんに使用。

住所 大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 2F
営業時間 7:00〜23:00(不定休)
店舗面積 74.45坪(246.112㎡)
席数 98席(2階13席、3階73席、テラス席12席)

https://store.starbucks.co.jp/detail-1809/

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?