REPORT2018.10.05

京都

「描き、紡ぎ、絆ぐ」―京都・パリ友情盟約締結60周年記念展覧会が開催中

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

京都造形芸術大学アートプロデュース学科の学生が授業の一環として運営するオルタナティヴ・スペース「ARTZONE」では、京都・パリ友情盟約締結60周年記念展覧会「描き、紡ぎ、絆ぐ」が開催中です。

同学科は共同企画として本展に参加。学生たちも搬入からサポートしました。

 

10月3日(水)には、門川大作京都市長に本展をご覧頂きました。

 

10月13日(土)に開催される関連トークイベント「描く日常を社会へ開く―福祉と芸術のかけ橋として」には、アートプロデュース学科の林田新先生が登壇されます。

詳細はARTZONEホームページよりご覧ください。

 

―以下、フライヤーより転載―

2018年、京都市とパリ市が友情盟約を締結してから60周年を迎えました。両市では、記念行事として多彩なプログラムが開催されます。その一環として京都市では、京都とフランスの「障害のある人の芸術作品」を紹介する展覧会「描き、紡ぎ、絆(つなぐ)」を開催します。

障害のある人の創造力と作品に対する関心が、近年とみに高まっています。本展では、障害のある人が「描き」、その作品を通じて人と人の関係が「紡がれ」、その人たちの活動によって障害のある人と社会が「絆がっていく」、その過程に注目します。本展は、障害のある人の作品や映像資料を通じて、アートについて考え、障害のある人の支援について考える絶好の機会となります。ぜひARTZONEにご来場ください。

この展覧会は、障害のある人の創作活動を通じて京都とパリの市民をはじめ、多くの人々を「絆ぐ」新たな取組みでもあります。京都市では、本展を契機にこの分野での様々な交流を進め、「世界の文化首都・京都」をより魅力的なものとしていきたいと考えています。

描き、紡ぎ、絆ぐ

京都・パリ友情盟約締結60周年記念展覧会

会期 2018年9月28日(金)~ 10月14日(日)
時間 11:00~20:00
会場 ARTZONE + MEDIA SHOP gallery(京都市中京区 河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2F)
主催 京都市
企画 特定非営利活動法人障碍者芸術推進研究機構
共同企画 京都造形芸術大学アートプロデュース学科
問い合わせ先 075 212 9676
料金 無料

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?