NEWS2018.07.11

ファッション染織

夏を彩る伊勢木綿-「SOU・SOUプロジェクト」京都マルイで展示販売会が開始

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

7月9日(月)から7月16日(月)まで、京都・四条河原町の京都マルイにて、美術工芸学科 染色テキスタイルコース3年生と空間演出デザイン学科3年生が、自ら手がけた作品の展示販売会「夏を彩る伊勢木綿」展を開催しています。

この展示販売会は、2010年より毎年祇園祭の時期に合わせて四条河原町界隈で開催しています。人気テキスタイルブランド「SOU・SOU」の代表で、空間演出デザイン学科 若林剛之先生の指導のもと、デザインから染織、縫製などの工程を学生自ら手がけた商品を展示販売するというもの。開催期間中、学生自らが販売員として店頭に立つことで、制作した商品が、どのように受け入れらるのかを体験を通じて学びます。

全て1点もの。好みのデザインを探してみるのも楽しみの一つ。

今回店頭に並ぶ商品は、「手ぬぐい」「貫頭衣」「四角衣」など約2,000点。「貫頭衣」とは弥生時代に着られていた袖と身頃が一続きになっているシンプルな衣服のこと。「四角衣」とは「貫頭衣」をベースに着丈を短くTシャツのように着こなせるデザインにしたものです。

今年のデザインのテーマは、「私の見つけたオススメの京都」。学生たちが若い感性を活かしてデザインを施した数々の商品が、梅雨明けして本格的な夏を迎える京都を彩ります。「夏を彩る伊勢木綿」展は7月16日(月)まで。この機会にぜひお立ち寄りください。

日本語・中国語・英語で紹介文を設置
暑さに負けず、笑顔と活気あふれる会場
外国人観光客が多いエリア。説明書きも多国籍。

「夏を彩る伊勢木綿」展

SOU・SOU若林剛之氏の指導のもと29名の学生が商品を制作。期間中は、京都マルイにて学生自身が店頭販売。

 

住所 京都マルイ1階 北側店頭 (アクセス)
営業時間 10:30〜20:30 (最終日のみ19:00修了)
販売期間 7月9日(月)~7月16日(月)

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?