REPORT2018.06.22

アート映像

声のかたち、人のかたち。 −片山達貴展 《voice training》

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

2017年度、京都造形芸術大学 美術工芸学科を卒業した片山達貴さんの展覧会が、大阪市西区のギャラリー「The Third Gallery Aya」にて開催されています。片山さんは在学中に「Sony World Photography Awards Student Focus」のファイナリストに選出された気鋭の若手作家。6月23日(土)にはアーティストトークも予定されています。


---以下、ギャラリーホームページより
The Third Gallery Aya
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F

《voice training》
片山達貴
2018年6月19日[火]-6月30日[土]
火曜-金曜 12:00–19:00 土曜 12:00–17:00

6月から7月にかけての展覧会は、2006年よりスタートした若手作家を紹介するプロジェクト「824」から、大八木夏生、片山達貴、福田真知のそれぞれの個展を連続して開催致します。   
今回展示する作品では昨年度、卒業制作で発表した作品の派生として「声」を主なテーマに制作された新作を発表いたします。
片山は、中国語話者である義母と中国語の発音練習を繰り返し行った映像作品《口づくり》を通し、「声」そのものに隠れている様々な情報、例えば言語特有の口や発声方法、テンポやボリュームであり、または文化そのものであるということを発見しました。また、その「声」には個人から発せられる身体の特徴によるものや、個人の性格によるトーンや声質、または性格を表す口調であると言うことができます。
今回発表する新作《ボイストレーニング》では、成人男性2人が発声しながら口や鼻、喉などを接触し合い、お互いの声を操り合う様子を記録した映像作品を発表します。実際のボイストレーニングの方法を参照しながら行った映像からは、互いが声をコントロールしようとする状況を撮影することにより、身体をめぐる声の変化のありようを探るものであります。

アーティストトーク
日 時|6月23日[土]17:30–19:00
参加費|700円(1ドリンク付き)
定 員|25人(要予約)
申込先|tamaki@thethirdgalleryaya.com / 06 6445 3557
会 場|The Third Gallery Aya
_____
片山 達貴|KATAYAMA Tatsuki

1991年 徳島県生まれ
京都造形芸術大学 現代美術・写真コース卒業

主な展覧会
2017年 「HIKONE STUDENT ART EXHIBITION」寺子屋力石/滋賀
2017年 「Sony World Photography Awards」サマセットハウス/ロンドン
2016年「旅と文学」ARTZONE/京都
2015年 「ULTRA AWARD2015ポスト・インターネット・アートー新しいマテリアリティ、メディアリティ」ギャルリオーブ/京都
2014年 「KYOTO SURVEY」ABS SHIPS/京都

受賞
2017年 京都造形芸術大学卒業制作展 奨励賞
2017年 HIKONE STUDENT ART AWARD ファイナリスト
2017年 Sony Student Grant
2017年 Sony World Photography Awards Student Focus ファイナリスト

パブリックコレクション
ARTOTHÈQUE

The Third Gallery Ayaオフィシャルサイト
 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?