NEWS2018.02.19

京都舞台

必見、伝統舞踊の連続上演 -シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.1「一居一道(いっきょいちどう)」

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

ロームシアター京都にて、伝統芸術の継承と創造を目的とした「舞台芸術としての伝統芸能」シリーズが今年度よりスタート。
明日2月20日(火)の第1回は、尾上流四代目家元の尾上菊之丞さんをスーパーバイザーに、共通のテーマのもと能・上方舞・歌舞伎舞踊と異なるジャンルの“舞踊”の連続上演と、出演者による対談が実施されます。
上方舞として京舞井上流を舞うのは、京都造形芸術大学 舞台芸術学科の卒業生であり、現在舞台芸術学科で教員を務める井上安寿子先生。子を思う母の強さ、愛情深さが溢れる作品「珠取海女(たまとりあま)」を披露します。

公演日時
2018年2月20日(火)19:00開演
会場
ロームシアター京都サウスホール
出演
金剛龍謹(こんごうたつのり)/金剛流二十七世若宗家
井上安寿子(いのうえやすこ)/京舞井上流
吾妻徳陽(あづまとくよう)/吾妻流七代目家元、歌舞伎俳優 中村壱太郎
スーパーバイザー
尾上菊之丞(おのえきくのじょう)/尾上流四代家元
内容
【第一部】
「内外詣(うちともうで)」金剛龍謹(金剛流二十七世若宗家)
「珠取海女(たまとりあま)」井上安寿子(京舞井上流)
「娘道成寺(むすめどうじょうじ)」吾妻徳陽(吾妻流七代目家元、歌舞伎俳優 中村壱太郎)
【第二部】
出演者・スーパーバイザーによるディスカッション
演目紹介
「内外詣」
伊勢神宮の神主と巫女が、京都から参詣してきた勅使のために祝詞・神楽・獅子舞を舞い、神徳をたたえ、この世の太平を寿ぐ、芸づくしの曲です。華麗な身のこなしを得意とする、金剛流のみで演じられる一曲をお楽しみください。
「珠取海女」
香川県志度寺に伝わる物語を基に作られた能「海士」に取材した曲。
我が子の出世の為、竜神に奪われた宝珠を取り戻しに海中深く潜り、
自分の命と引き換えに珠を取り戻す一人の海女の物語。子を思う母の強さ、愛情深さが溢れる作品。
「娘道成寺」
能「道成寺」を起源に作られた、女方舞踊の最高峰ともいえる代表的な歌舞伎舞踊です。恋にまつわるさまざまな女性の姿を、色とりどりの衣裳や小道具で華やかに綴ります。
 

お問合せ先
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット購入等の詳細はロームシアター京都のホームページをご覧ください
https://rohmtheatrekyoto.jp/program/7132/

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?