NEWS2018.01.12

京都アート舞台

【受賞情報】名和教授、卒業生の杉原さんが府文化賞を受賞

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

京都の文化振興や発展に功績があった人をたたえる「府文化賞」の第36回(平成29年度)受賞者が発表され、文化の向上に功労があった人に贈られる「功労賞」を名和晃平教授(大学院芸術研究科)、新進の芸術家が対象の「奨励賞」を卒業生の杉原邦生さん(映像・舞台芸術学科2004年度卒業)がそれぞれ受賞しました。

名和教授は彫刻家として、京都・伏見区に設立したクリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」を拠点に作品を制作。フランス、ドイツ、ブラジルなど海外でも個展を多数開催するほか、京都・南区の「ホテル アンテルーム京都」のアートディレクションや2020年東京オリンピックの文化プログラムに向けたリーディングプロジェクト「東京キャラバン」の美術・空間構成を手がけるなど幅広く活動しています。

杉原さんは演出家、舞台美術家でプロデュース公演カンパニー「KUNIO」主宰。『ハムレット』から『東海道四谷怪談』まで数々の古典的名作でオリジナルの演出を手がけ、新たな息吹を吹き込んでいます。最新演出作は作家・石田衣良原作の小説を舞台化した「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」。

お二人の今後の活躍にどうぞご期待ください。

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?