NEWS2017.11.14

京都アートデザイン

【講演情報】「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」展特別講義

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

京都dddギャラリーでは、12月14日(木)より「ウィム・クロウエル展 グリッドに魅せられて」展が開催。オランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエル(1928年~)の業績の全容を伝える展覧会として日本初となります。

ウィム・クロウェル グリッドに魅せられて(京都dddギャラリーオフィシャルサイト)

1952年に展覧会を手掛けるデザイナーとしてキャリアをスタートさせたクロウエルは、アムステルダム市立美術館のグラフィックデザイナー(1963-1984年)として広く知られ、その他にも実験的なコンピューター・アルファベットや切手、カレンダーのデザインでも高く評価されています。

同展の関連企画として、京都造形芸術大学情報デザイン学科と京都dddギャラリーの共催による特別講義が開かれます。

同学科教授であり、タイポグラフィを基軸としてブックデザインやプロダクトデザイン、グラフィックデザインと分野を横断する制作を続けているデザイナーの佐藤淳先生と、アムステルダム市立美術館グラフィックデザイン部門キュレーターのカロリン・フラーゼンブルク氏が、それぞれクロウエル作品の魅力について語ります。

どなたでも自由に聴講頂けますので、この機会にぜひお越しください。

オランダのビジュアルコミュニケーション展/1969 ポスター
デザイナー展/1968 ポスター

―以下、チラシより転載―

京都造形芸術大学 情報デザイン学科は、京都dddギャラリーとの共催企画として、ウィム・クロウエルを中心としたグラフィックデザインに迫る特別講義を開催します。

当企画は、京都dddギャラリー第215回企画展「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」との関連企画であり、展覧会のディレクションに関わったアムステルダム市立美術館グラフィックデザイン部門キュレーターのカロリン・フラーゼンブルク氏に登壇いただきます。アムステルダム市立美術館のグラフィックデザインコレクションを通して、ウィム・クロウエルのデザイン・アイデンティティからオランダのみならず世界のグラフィックデザインの、豊穣な内容に触れることのできる貴重な機会といえます。

また当講義の第一部として、本学情報デザイン学科より佐藤淳教授が登壇します。ロンドンを拠点としたデザイナー集団「オクタヴォ」と、ウィム・クロウエルとの関係性に迫る内容が予定されており、オランダデザインのさらなる魅力を紐解くきっかけとして期待されます。

 

京都dddギャラリー第215回企画展

「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」

特別関連企画 公開授業

日時:2017年12月15日(金)17:00-19:00

会場: 京都造形芸術大学 智勇館 1F ER11-12

参加費:無料

定員:100名

問合せ:京都造形芸術大学 075-791-9122(代表)

 

<第一部>

「ウィム・クロウエル:オクタヴォとの4年間」

佐藤 淳(京都造形芸術大学/情報デザイン学科教授)

<第二部>※通訳付

「ウィム・クロウエル:アムステルダム市立美術館グラフィックデザインコレクションにおける重要性」

カロリン・フラーゼンブルグ(アムステルダム市立美術館/グラフィックデザイン部門キュレーター)


 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?