NEWS2018.06.07

舞台

『繻子の靴』再演! ― 静岡公演 6月9日(土)・10日(日)

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

2016年12月に京都造形芸術大学 舞台芸術研究センターが主催・製作し春秋座にて初演した上演時間8時間の超大作『繻子の靴』が、今週末6月9日(土)・10日(日)にPAC-静岡県舞台芸術センター主催・当センター共同主催にて再演いたします。

当作品は舞台芸術研究センター前所長の渡邊守章演出で、2011年度から認定を受けいている共同利用・共同研究拠点事業の柱となったプロジェクト。

日仏の演劇交流を長年にわたり牽引してきた渡邊守章が、研究者そして演出家の全精力を傾けた集大成。現代演劇史に燦然と輝く金字塔『繻子の靴』、スケールの大きさゆえ日本上演は困難とされてきた超大作が、京都での歴史的な初演の成功を受け、静岡で再び上演されます。豪華スタッフ、そして宝塚・伝統芸能・現代演劇から様々な俳優陣が、観客を“世界大演劇”の旅へといざないます。

また本学卒業生も多数出演しております。
<舞台芸術学科卒業生>
 片山将麿、山本善之、岩澤侑生子、岩崎小枝子、鶴坂奈央 (敬称略・順不同)

この機会にぜひ足をお運びください!

 

【日程】2018年6月9日(土)・10日(日)

【時間】11:00開演 20:15終演予定(途中約30分の休憩が3回入ります)

 *両日とも「一日目」から「四日目」までの一挙通し上演

【会場】静岡芸術劇場(静岡市駿河区東静岡2丁目3-1)アクセス・MAP
    Tel. 054-203-5730/Fax. 054-203-5732

【チケット】一般:6,500円

―購入方法―
SPACチケットセンター
●電話予約:054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売:静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約: http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約: http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売:店内のマルチコピー機をご利用ください。
●当日券:残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

 

―以下、「静岡県舞台芸術センター」ホームページより抜粋

 

ポール・クローデル生誕150周年記念

『繻子の靴』四日間のスペイン芝居

上演時間8時間の超大作!
舞台は、大航海時代の黄金世紀スペイン。
美しき人妻と新大陸制覇の野望に
燃える征服者との禁じられた恋が、ここに蘇る。

作: ポール・クローデル『繻子の靴』(岩波文庫)
翻訳・構成・演出: 渡邊守章
 
出演: 剣幸/吉見一豊、石井英明、阿部一徳(SPAC)、小田豊、豊富満、
    瑞木健太郎、牧山祐大(SPAC)、吉植荘一郎(SPAC)、若宮羊市(SPAC)、
    片山将磨、山本善之/
    武田暁、岩澤侑生子、岩崎小枝子、鶴坂奈央、川谷亜縫紗/
    藤田六郎兵衛(能管)/野村萬斎(映像出演)
   ※岩崎小枝子の「崎」はたつざきが正式表記。

映像・美術: 高谷史郎
照明: 服部基
音楽: 原摩利彦
衣装: 萩野緑
演出助手: 鹿島将介、岩崎小枝子
映像プログラミング: 濱哲史、白木良、古舘健
技術監督: 小坂部恵次
舞台監督: 夏目雅也、大鹿展明
小道具・演出部: 相澤伶美
制作(京都): 川原美保(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター)、堂岡佐和子
初演: 2016年12月 京都芸術劇場 春秋座

 

メインカット撮影:守屋友樹

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?