REPORT2018.04.17

門は開かれた!集え学生達!! ―2018「ULTRA PROJECT」が始動

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

2018年4月12日(木)、説明会会場に集まった350名以上の学生たち。ウルトラファクトリー・ディレクター、現代美術作家ヤノベケンジ教授の挨拶で、2018年の「ULTRA PROJECT」が始動しました!

学生とアーティストがぶつかり、社会的ムーブメントを引き起こす!
この日の会場は、ほぼ満席!

「想像しうるものはすべて実現可能」と宣言し、あらゆる機械・工具・技術スタッフが揃う共通工房「ULTRA FACTORY」は、日頃より全学科の学生に広く開放されています。

この世界基準の工房に、第一線で活躍するクリエータ―の方々をお招きし、学生と共同制作を行うのが「ULTRA PROJECT」。何年生からでも参加が可能!という事もあって、今回の説明会にも多くの新1年生が参加しました。

 

【ULTRA PROJECT 2018 ラインナップ】

◆ ヤノベケンジ SHIP'S CAT NEXT/ヤノベケンジ(美術作家)

◆ ULTRA SANDWICH PROJECT/名和晃平(彫刻家)

◆ 山本太郎×狂言プロジェクト/山本太郎(ニッポン画家)

◆ アートホステル kumagusuku プロジェクト/矢津吉隆(美術家・クマグスク代表)

◆ モバイル・シアター・プロジェクト/やなぎみわ(美術作家・演出家)

◆ BYEDIT/多田智美(編集者)・竹内厚(編集者)

◆ Japan Handmade/細尾真孝(西陣織・株式会社細尾取締役)

◆ 淀川テクニック プロジェクト!!/コラージュ川柳倶楽部/柴田英昭(淀川テクニック)

ヤノベケンジ SHIP'S CAT NEXT
ULTRA SANDWICH PROJECT
山本太郎×狂言プロジェクト
アートホステル kumagusuku プロジェクト

プロジェクトを先導するアーティストの方々が、プロジェクトの概要を写真や映像で説明すると、学生の目が輝きます。

普段見ることの出来ないプロの制作テクニックを目撃し、真剣勝負が繰り広げられる厳しい現場を体感。そして、目撃・体感した、プロの技・ものづくりへの姿勢や、あらゆる経験を盗む!これが、第一線で活躍するアーティストと共に制作をする醍醐味です。

モバイル・シアター・プロジェクト
BYEDIT
Japan Handmade
淀川テクニック プロジェクト!!

大型作品の制作から、日本の伝統芸能・技術、演劇、そして、編集・プロデュースまで、多岐に渡る内容です。現在、学生の参加者を募集しており、その後選考が行われます。5月初旬から本格的にスタート。

今後のプロジェクトの進展に、ぜひご注目ください!

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?