NEWS2018.04.19

プロデュースデザイン

球場の応援をジャック ― 埼玉アストライア・キャラクターデザイン学科 共同企画『埼玉アスタマン』が始動

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

2018年4月8日(日)、女子プロ野球リーグ 「埼玉アストライア」の京都フローラ戦、試合前セレモニーで、2018シーズンにアストライアの応援MCを担当する球団非公認キャラクターマスコット『埼玉アスタマン(通称:アスタマン)』が初お披露目されました。

『埼玉アスタマン』は、埼玉アストライアと京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科の産学連携プロジェクトの一環として誕生。学生の応募選考から、キャラクターデザイン学科3年生 石森由起さんの総合デザイン、そして同学科2年生 崎佑輔さんのマントデザイン及び広報アイデアが採用されました。

(中央) この日ゲストで登場された稲村亜美さん

◆石森 由起さんのコメント(総合デザインが採用)

「デザイン制作時は、勾玉や豆の木と言った埼玉県の要素を加えながら、野球らしさが出せるよう目指しました。限られた時間の中で、ヒーローのかっこよさと、ご当地アイテム・野球をどのように融合させるのかという点には苦労しました。しかし自分のデザインしたキャラクターが、実際に動き、話をしている姿を見て、興奮するとともにとても感動しました。今後も一緒に女子プロ野球を盛り上げていきたいです。」

◆ 崎 佑輔さんのコメント(マントデザイン・広報アイデアが採用)

「アスタマンは、たくさん喋り盛り上げるヒーローですが、背中でもヒーローを語って欲しいと思い、気合を入れたデザインを提案しました。制作中は不安もありましたが、実際に登場したアスタマンは、雄々しくて、かっこいい!女子プロ野球に興味を持ってもらうきっかけとなってほしいし、ゆくゆくは、埼玉を代表するヒーローになってもらいたいです。」

石森さん:総合デザイン
崎さん:マントデザイン
お披露目された「埼玉アスタマン」

企画・制作段階では、学生からマスク・マント・素顔など細部にわたる様々なアイデアが出されると同時に、今後の広報アイデアとして、キャラクターグッズ展開なども視野に入れた提案がなされました。

今シーズンは、『埼玉アスタマン』がマイク片手に、ある時は放送室から、またある時は球場のお客様と一緒にスタンドから、アストラナインにエールを送り、スタジアムを盛り上げます。これからの「埼玉アストライア」そして『埼玉アスタマン』の活躍から目が離せません。

今後も、京都造形芸術大学はキャラクターグッズ化など更なる広報展開を目指して、埼玉アストライアとのコラボレーションに力を入れていきます。

 

◎「埼玉アストライア」公式ホームページでも紹介されています。

 https://www.jwbl.jp/astraia/news/detail/id/6943

 

―「埼玉アストライア」試合日程 ―

・4月21日(土)13:00~:さいたま市営浦和球場

・4月22日(日)13:00~:栃木県・小山市民球場

※詳細は、【埼玉アストライア(女子プロ野球) 公式ホームページ】をご覧ください。

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?