REPORT2018.06.25

京都アート教育

「仮面」の二文字に炎が灯る。 -2018年度「京造ねぶた」テーマ発表

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

本日、京都造形芸術大学の学内劇場「京都芸術劇場 春秋座」では、2018年度「京造ねぶた」のテーマ発表が行われました。夏の約2週間をかけて取り組む京都造形芸術大学の名物授業ともいえるこのプログラム。全1年生が固唾をのんで見守る中、発表されたテーマは「仮面」でした。

このテーマをどのようにとらえ、クリエイティブにつなげていくのか。すべての1年生にとって大きなハードルであると同時に、代えがたい成長のチャンスでもあります。1年生たちの目には静かな炎が灯っているかのようでした。

瓜生通信ウェブマガジンでは、今後も「京造ねぶた」の制作のようすをレポートします。お楽しみに。

「京造ねぶた」のプログラム開発者、大野木教授
春秋座には全1年生が集まった
サポートする教員陣も学生たちを鼓舞する
固唾をのんで発表を見守る学生たち

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館2階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?