NEWS2018.04.12

京都歴史舞台

舞台芸術界の財産を後世に―「市川猿翁アーカイブ」が始動

edited by
  • 京都造形芸術大学 広報室

京都造形芸術大学の学内劇場「京都芸術劇場 春秋座」。初代芸術監督として構想段階から携わり、杮落とし公演をはじめ様々な素晴らしい舞台をみせてくださったのが三代目市川猿之助氏です。

猿之助氏と本学の関わりは深く、「学生には本物をみせなければいけない」という信念のもと、澤瀉屋一門の皆さまにも協力いただき、自身の体験や実演をまじえた大変贅沢な講義を継続的に行っていただきました。

そして2016年5月、三代目猿之助氏(二代目猿翁)より、本学に歌舞伎関係資料を寄贈いただきました。映像約2500本、書籍約7700冊、公演パンフレット約1400冊、その他膨大な台本、舞台写真など、その数は約2万点にものぼります。

これら偉大なる功績、その精神を後世に残すために、本学では2016年より「猿翁アーカイブプロジェクト」を本格稼働させています。

 

このアーカイブ活動を通じて、同時代には気づかれていなかった「三代目市川猿之助の世界」を等身大にとらえることを目指します。本活動が近代の歌舞伎の輪郭や近代歌舞伎史の流れをいっそう解明することに寄与するものと考え、舞台芸術の世界の大切な歴史資料として後世に伝えていくことが私たちの使命であると受け止めております。

特典には、2018年9月に開催予定の「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」第三回フォーラムへのご招待や三代目猿之助氏(二代目猿翁)直筆の「御礼色紙」などをご用意しています。

みなさまのご支援を、よろしくお願い致します。

三代目市川猿之助(二代目猿翁)約2万点の貴重資料を復元し後世へ

「市川猿翁アーカイブ」

https://readyfor.jp/projects/kyoto-art1

 

 

  • 京都造形芸術大学 広報室Office of Public Relations, Kyoto University of Art and Design

    所在地: 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階事務室
    連絡先: 075-791-9112 (内線 3030/3033)
    E-mail: kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?