EXTRA2020.08.03

WEB SPURT 2020 ― 美術工芸領域|彫刻・立体造形・映像・メディア

edited by
  • 京都芸術大学大学院 芸術研究科

 

森井 沙季

Morii Saki

 

  • 「reliance-Ⅰ、reliance-Ⅱ」
    絵画
    油絵具、パネル 245×602×43mm
  • 「reliance-Ⅰ」
    絵画
    油絵具、パネル 245×602×43mm
  • 「reliance-Ⅱ」
    絵画
    油絵具、パネル 245×602×43mm

 

私にとって絵の具を重ねる行為は複雑に積み重なる質量を持つ感情のレイヤーをかける事である。 絵画という限られた空間の中で、我々の精神に持つ二律背反の光景を表現している。

 

 

 

 

楊 璐陸

Yang Lulu

 浅田彰 賞 
  • 「監視カメラ探し」
    写真
    web online camera サイズ可変

 

公共安全や便利な生活のために、プライバシーを犠牲にする必要があるか?多くの人々が他人の秘密を覗き見る欲望があるか?人々のプライバシーの限界は何であるか?自分の人生は24時間中継しているのが想像できますか?
 世界中の監視カメラが撮っている画面、アプリで即座に見られる。見られたくないからこそ、見せる。身近な地点を着目し、監視カメラを探し、自ら現れるのは、そちらへのメッセージである。ノープライバシー現実にようこそ〜!

 

※ 外部サイトでの展示となります。画像クリックするとページが開きます。

 

 

 

 

岡 はるか

Oka Haruka

 

  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「重なり、広がる」
    写真
    photo data サイズ可変

 

写真を撮ることで、自分の目だけでは見ることのできない、今まで見たことのない景色が見たい。そう考えながら対象を注視していると、自分の中で探しものを見つけたような納得のいく瞬間が来る。その時、目の前のものとそれだけではない空間の広がりが合致する。そうやって、カメラという第三の目を通じて、写真の中だけの景色を捉えようとしている。

 

 

 

 

関 仲元

Guan Zhongyuan

 

  • 「門鏡」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「門鏡」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「門鏡」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「門鏡」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「門鏡」
    写真
    photo data サイズ可変

 

中国語で「門鏡」とは、外部を観察できるようにドアに設置した小さな穴、つまりドアスコープのことである。それは人に安全感を与える光学機器でもある。現代社会において、一人暮らしはごく普通のことだ。生活的な面だけではなく、精神的な面においても「一人暮らし化」は進んでいる。テンポが速い日常や急速に発展する科学技術などにより、人々はわだかまりに満ちた内的世界を養うようになった。人と人の間には超えられない門鏡があり、一部は見えるがそれがすべてではない。自分自身の心との間にも同様に門鏡が存在しているのかもしれない。新型コロナウイルス感染症の影響によって、ますますそうした門鏡の存在が明らかになってきたと思う。

 

 

 

 

朱 佳銘

Zhu Jiaming

 

  • 「複製不可の光景」
    映像・サウンド
    ビデオ 実験サウンド 3840*2160 3分15秒

 

ビッグデータ時代と言われる現在、大量の対象が解析され記録され続けている。対象となるものは様々なメディアによってコード化され再現されたものを私達は経験しているが、それは本物を経験したと言えるだろうか。

動画の時間性と図像の二次元性を組み合わせ、対象の再現性に言及する作品を制作する。
作品は、光景の撮影、ネガの現像と色の生成、光景の図像からコードの生成、コードのスキャン、光景の再現、五つのパートに分けられる。自然に対する先端技術による支配やコントロールを反省し、記録された対象とデータの関係を考えている。光景は時間が経つとともに変化する。その時にデータは、コード化される以前の対象の代替となることが出来るだろうか。

 

※ 外部サイトでの展示となります。画像クリックするとページが開きます。

 

▶︎ 作家ホームページ(外部サイト)

 

 

 

 

R E M A

 

 

  • 「同居する不連続A」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続B」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続C」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続D」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 安部公房「箱男」p104-105
    写真
    photo data サイズ可変
  • 安部公房「箱男」p106-107
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続E」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続F」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「同居する不連続G」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 三島由紀夫「不道徳教育講座」p248要約メモ
    写真
    photo data サイズ可変

 

断絶した不連続が、連続する

矛盾を自覚しながら平然と生きている。

自分にまったく関係のない出来ごとなのに、なぜか涙がこぼれることもあれば、

何万人が死んだって、少しも自分のリアリティにならない事だってある。

目の前で息絶えようとする野鳥とわたしは、断絶していながらも  同居し続けるのです。

 

▶︎ 作家ホームページ(外部サイト)

 

 

 

 

范 悦

Fan Yue

 片岡真実 賞 
  • 「沈黙」
    GIF動画
    トレーシングペーパー サイズ可変
  • 「沈黙」
    GIF動画
    トレーシングペーパー サイズ可変
  • 「沈黙」
    GIF動画
    トレーシングペーパー サイズ可変
  • 「沈黙」
    GIF動画
    トレーシングペーパー サイズ可変
  • 「沈黙」
    GIF動画
    トレーシングペーパー サイズ可変

 

対立の渦巻きに立ち尽くす。
その元になるものを探り出すため、消す行為を繰り返す。
消してからまた消して、そのうち何かが見える。

 

※ 外部サイトでの展示となります。画像クリックするとページが開きます。

 

 

 

 

菱野 裕馬

Hishino Yuma

 

  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変
  • 「郊外生活 Suburban life」
    写真
    photo data サイズ可変

 

都市郊外の根底に流れるそこそこの満足。安価な建材で造られた、それなりに快適な生活。本物になれないと分かりながらも本物を模倣する様。持続性を尊むという秩序の中で貧しくもなく、富んでもいない中間の温度が保たれている。空間の重なりとして、それらを体験するとき滑稽さと共に不思議と愛おしいものを感じる。

 

 

 

 

美術工芸領域

● 彫刻・立体造形・映像・メディア

▶︎ 陶芸・染織

▶︎ 日本画

▶︎ 油画

 

▶︎ WEB SPURT 2020 TOP

▶︎ 芸術文化領域 TOP

▶︎ 美術工芸領域 TOP

▶︎ デザイン領域 TOP

▶︎ 建築領域 TOP

▶︎ グローバル・ゼミ TOP

 

 

本サイト内に掲載されている全てのコンテンツ(作品画像、テキスト、プログラムなど)に関する著作権およびその他の権利は、すべて本学、作者、及び本学に情報を提供している提供者に帰属します。著作権者の許可なく改変、複製、賃貸、貸与、販売、出版、送信、放送など、方法の如何を問わず第三者の利用に供することを固く禁じます。

 

 

  • 京都芸術大学大学院 芸術研究科Kyoto University of the Arts Graduate School

    新たな社会の創造・成長を牽引していくリーダーを世界へ輩出する。

お気に入り登録しました

既に登録済みです。

お気に入り記事を削除します。
よろしいですか?